カテゴリー「♪ヴェルサイユ」の20件の記事

2015年11月 6日 (金)

プチ・トリアノン トイレとか

残念なお天気cloud

1942_2

 

王妃の寝室lovely 本当に可愛すぎるheart

736

 

735

 

宮殿の窓から工事の様子が見えましたeye 掘ってる。

1998

 

2001

ヴェルサイユ宮殿全体の大修復工事は、2020年に

完了予定。

終わった頃、行きたいですconfident

2002

 

2095

 

「鏡の間」など普通に全部見学し、

いやん大好きheartプチ・トリアノンへlovely

2006

プチ・トラン 7.5ユーロ

2010

 

プチ・トリアノンのお向かいにも「アンジェリーナ」

2020

暖かい季節なら、気持ち良さそう♪ 閉まってましたcoldsweats01

2022

ランチ9.9ユーロ

2024

 

プチ・トリアノンのトイレtoilet 無料

2029

 

2030

 

2032

 

happy02

2037_2

 

happy02

2039

 

あ~んheart04

757

プチ・トリアノン、このお部屋が一番好きheart

756

マリー・アントワネットがヴェルサイユを去った時の

寝室を再現しているのですよねconfident

 

お外のベンチも可愛い(*^-^)

2062

 

ル・アモー  王妃の村里へ

782

 

787

 

788

写真でお分かりのように、誰もいないzero

曇りですし、寒いsweat01 寒いsweat01 寒いsweat01

凍える寒さ。ぶるぶる。

パリが真冬にしては暖かく、油断して帽子やカイロを

ヴェルサイユに持って行きませんでした。失敗gawk

tauruschick農場にも行こうと思っていたのに、寒くて断念sweat02

プチ・トランで宮殿に戻りました。

 

寒い冬でも、けっこう混んでる。

2092

 

2094

 

ヴェルサイユ宮殿、ミュージアム・パス使用

640

2日券 42ユーロ

・宮殿 15ユーロ

・離宮 10ユーロ

・あと、パリのルーヴル美術館 12ユーロ

亀さんいじめてる?↓(・_・)

1733

計37ユーロ・・・元が取れてないsweat01

でも、入館時に並ばなくていいので、まぁ良しですcoldsweats01

 

< 2014年お正月 フランス旅行 >

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日 (木)

ヴェルサイユ宮殿マック

ものすごく大好きheart ヴェルサイユ宮殿も書いて

なかったです( ̄◆ ̄;)

過去記事で確認すると、2008年12月3日以来

約5年ぶりに行けたhappy02 9回目のヴェルサイユsmile 

 

2014年1月12日(日)

1900

cloudエッフェル塔cloud

1901

 

1906

RER C線、久しぶりに乗って驚きましたw(゚o゚)w

駅構内放送に日本語がsign01

車内にも日本語がsign03 

「ヴェルサイユ宮殿」行き電車です。

1911

そして、電車の内装はヴェルサイユ宮殿仕様sign01

1910

 

1909

ピンク大理石の壁紙

1917

 

着きましたnote 10時10分

1919

Versailles Rive Gauche

ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅

1935

トイレを借りに必ず寄る、リヴ・ゴーシュ駅前のマックcafe

1924_2

モノプリみたいに、自分でクレジットカード差し込みに

変わってました。

あ、そうそう、マックといえば、南仏マントンのマックは

タッチパネル型セルフ注文機に変わっておりました。

949

この機械で清算もして、番号が書いてあるレシートを

レジに渡すでした。

951

田舎のマントンでもタッチパネル。

ヴェルサイユ駅前マックもタッチに変わってそうですね。

トイレが少なすぎるフランス、マックはほんと便利toilet

 

宮殿が見えてきたhappy02 わくわくheart01

1939

わーい、ルイ14世の騎馬像happy02

1940

2004年からの改修工事で、ずっと見られなかった

ですものね。

horse久しぶりに逢えて、騒ぎましたsmile

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

パリからヴェルサイユ

ブログのカテゴリーに

♪ヴェルサイユ がありますので、もう少しヴェルサイユ

関連を。

今回かなり引っ張ってますsmile

自分で忘れてしまうsweat01ので、行き方、時間なども。

2008年12月3日rain

Dscn1083 朝7時

カルチェ・ラタンの

かわいいホテルheart

を出発。

ゴミ収集車happy01

歩いて

海外旅行の達人さまオススメのパン屋さんへ

パリで一番おいしいパン屋さん by maria sannote

Dscn1085

Le Boulanger de Monge ル・ブーランジェ・ド・モンジュ

123 rue Monge

・7:00~20:30

・月曜休み

Dscn1086

Dscn1087

さりげないクリスマスの飾り かわいいxmas

Dscn4535 朝食のパンを買う。

種類がたくさんで迷う~

焼きたてで

おいしい~delicious

Dscn1089  dog 外にワンちゃん

飼い主さんがパンを買って

戻ってくるのを待って

いました。

Dscn1088 店先に犬つなぎ用

フックが♪

犬天国のパリらしいlovely

外はまだ真っ暗night

subwayメトロでChatelet シャトレへ

Dscn1092 カフェでひとやすみcafe

大好きな

カフェオレを飲む。

ついでにカフェトイレへも寄る。

subwayメトロ

Chateletシャトレ~Concordeコンコルド~

Invalidesアンヴァリッド

やっと明るくなってきました・・・雨ですが

Dscn1094

Dscn1095

アンヴァリッドでいちど地上へ

Dscn1096 アンヴァリッド、

アレクサンドル3世橋を

遠くから眺める。

パリね~heart04

エッフェル塔はこのような姿 cloud

Dscn1099

寄り道・・・のんびり行動しておりますcatface

trainRER C線

Invalidesアンヴァリッド~ 

Versailles Rive Gaucheヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ

Dscn1102

Dscn1103

9時発に乗車

Dscn1105 ヴェルサイユ行きは

VERO 、VICK の

表示。

でも私は乗るときに

必ず現地人ぽい方に

確認します。

間違って乗ったら、違うところへ行ってしまいますので。

その昔、お隣駅のPont de I'Almaポン・ド・ラルマから

ヴェルサイユへ。切符売り場窓口がなく、機械のみsweat01

機械で切符が買えない私。未だに買えませんcoldsweats01

出勤途中のお兄さんにお願いして、買って頂いたことが

ありました。お忙しい中ご迷惑をおかけしてしまいbearing

それからはアンヴァリッドなどの窓口がある、大きな駅から

行くようにしています。

前回撮り忘れた、RERのトイレあり車両toilet

Dscn1107

Dscn1108

9時30分過ぎ

ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅到着

Dscn1111

駅前でこんな写真を撮ったりcamera  消火栓sign02

Dscn1115

Dscn1117

おもしろいものがないかキョロキョロeyeしながら宮殿へ

Dscn1128

4時過ぎのRERでパリへ戻る

Dscn1419

Dscn1421

この後、パリのクリスマス・イルミネーションshine

3万歩は歩いたと思います。なんて健康的。

Dscn1445かわいいホテルへ

帰るlovely

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ヴェルサイユ宮殿のトイレ無料

ヴェルサイユ宮殿内のトイレ2箇所が無料になっておりました。

Dscn1416 ※男性用

女性用は

未確認

トイレおばさんは

いらっしゃるものの

コインを差し出すと「要らない」。

冬場だけなのか?情報が見つかりませんのではっきり

分からず、申し訳ありませんsweat02

皆さん有料だと思われていたようで「タダ!?」という

声が飛び交っていました。

〈2008年12月3日〉

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

プチ・トラン 貸切?!

12月のヴェルサイユ庭園

Dscn1409

噴水は出ておりませんし

Dscn1413 なんだか寂しい

感じです。

彫像、大理石の

鉢なども冬囲い。

雨、どんより曇り

空でしたので、

さらに寂しいthink

今回7年ぶりに離宮まで足を延ばしましたrun

Les Petits Trains プチ・トラン

Dscn1204

Dscn1207

6ユーロ(約750円)

緑の小さな建物がチケット売り場

Dscn1401_3

Dscn1206

『プチ・トリアノン』の12時オープンめがけて。

乗った人、往復とも私と同行者の2人だけ。行列が

できている夏では考えられな~いです。

     〈グラン・トリアノンの乗降所〉

Dscn1209

庭園は楽しめませんが、離宮見学だけでしたらあまり混んで

いない冬でもいいかもconfident ちょっとだけ思いました。

でも、やっぱりお花が咲いている時季のほうがいいですthink

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

薔薇色のグラン・トリアノン

ヴェルサイユの離宮

Grand Trianon グラン・トリアノン

1687年完成

Dscn1348

農場で迷い、たどり着いた庭園は

Dscn1345 ここです。

薔薇色の大理石

がとても美しいshine

ルイ14世が

建てた離宮。

フランス革命で

ルイ14世の調度品は全てなくなりましたので、現在の

家具、調度品はナポレオン・ボナパルト(1世)が使って

いたものだそうです。

Dscn1347 庭園から宮殿正面へは

小さな白い扉が。

「あそこからメイン通りに

出ることができる」

迷った際に教えて頂きました。

お天気が良かったらまだまだステキなのにweep

Dscn1350

柱廊の左右に17室

Dscn4528 左翼棟

 1~6

右翼棟

 8~17

一階建て

  〈 左翼棟 〉

控えの間                   版画の回廊

Dscn1352        Dscn1353

鏡の間

Dscn1356

Dscn1357  

皇后マリー・ルイーズの閨房

Dscn1355

各部屋の名前は

グラン・トリアノンの

日本語版パンフレットを

見て書いていますが、

けいぼうって・・・寝室でいいのではthink あまり使わない

ですよね。

ルイ14世の寝室

Dscn1358 このベッド、

1824年に

ルイ18世(16世

の弟)が逝去

という由緒?ある

もの。

チュイルリー宮殿からここグラン・トリアノンに移したそうです。

チュイルリー宮殿が焼失しなければ、パリの一大観光名所

になっていたことでしょうね。再建の話はその後どうなったの

でしょうか? また話が逸れてしまいましたcoldsweats01

寝室にも椅子がたくさん

Dscn1362

Dscn1364

礼拝堂の間            

Dscn1366

Dscn1368

 

 

 〈 右翼棟 〉

皇帝の家族の間

Dscn1372_2

Dscn1371

ベルギー王妃の寝室

Dscn1375

Dscn1377

ここにも素晴らしい調度品

ピンク、ピンクしすぎて

ちょっと落ち着かないかもcoldsweats01

音楽の間 (ビリヤードの間)

Dscn1386

Dscn1395

家族の間                 孔雀石の間

Dscn1388

Dscn1390

コテルの回廊  

Dscn1393

ここから先はシャルル・ド・ゴール以来、大統領専用エリア

になり、迎賓館としても利用されているそうです。

Legiondhonneur_3 サルコジさんと

セリーヌheart

レジオン・ドヌール勲章

受勲時のツーショット。

ちょっとだけ関係あるかなと思い、貼っちゃいましたsmile

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

ヴェルサイユ王妃の村里~農場~迷子

プチ・トリアノン 農場

 wine葡萄畑            chickかわいらしいニワトリのお家 

Dscn1314

Dscn1315

clover

Dscn1317 石畳

窓にはアイビー

ゼラニウムheart

フランスらしい

なんてステキな

農場lovely

作業小屋なのに

かわいいheart

Dscn1318

どうしてこんなに

センスがいいの

でしょうconfident

アントワネットが

過ごしていた

当時と同じく、

動物もいろいろ。

Dscn1319

happy02                   ヤギも happy02

Dscn1321

Dscn1326

雨降りでしたので小屋に入っている動物が多かったですが、

ロバ、豚pigもいます。

ステキな農場を後に

Dscn1325

来た道を戻れば良いものを・・・

進んでしまいましたrun

Dscn1340

Dscn1338

ん? ビニールハウスに重機

Dscn1341 ここは何処?

どう見ても観光コースから

外れてるsweat01

愛の神殿からずっと

貸切状態 = 道を尋ねる人もいない

ちなみに標識なんて親切なものはありません。

誰か歩いていないものか・・・人探し

彷徨っている時に、歴史を感じる馬車発見happy01

Dscn1334

Dscn1336

写真を写しているくらいですから、まだこの辺りでは余裕あり。

でもだんだん焦ってきましたsweat01 完璧迷子の中年ふたりsweat02

やっと人発見flair

女性の庭師さんがおふたり

ここからどう進めばよいものかと尋ねると

「20km歩かないと」

えー?! 20キロshock

冗談でしたcoldsweats01

教えて頂いたとおりに10分ほど進むと

Dscn1342 整備された

庭園が♪

ホッcatface

ヴェルサイユ

宮殿内の

インフォメーション

で頂けるパンフレットに

《 マリー・アントワネットの領地 》

地図が載っているではないですか!

これをちゃんと見て歩いていたら、迷わないはず。

バッグにしまったままでした。

馬鹿gawk

Dscn4522_new

 青の線が

歩いた道foot

たぶんこのような

ルートですthink

ひどく彷徨って

いたのでしたgawk

こんなマヌケな人

私たちだけかと思いましたが、この後に同じく迷った

日本人観光客2組に道を聞かれました。

とにかく広いので、迷う方はいるようですcoldsweats01

Dscn4525_2 クリックで

upwardleftかなり拡大

下部のヴェルサイユ

宮殿から、上の

大運河発端まで

3,500m。

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

王妃の村里~なんて贅沢

プチ・トリアノン庭園

Le Hameau  王妃の村里

ノルマンディー風のわら葺屋根の家が12軒建てられ、

10軒が残っています。

雨で道がぐちゃぐちゃsweat02

Dscn1276

いちばん大きな家がアントワネット宅

Dscn1297

外観は素朴ですが、

内部は凝った美しい贅沢なお部屋だったそうです。

窓から中を覗いたところ、大理石の床が残っていました。

Dscn1290

水車小屋

Dscn1277

Dscn1282

各家の前には建築年も書かれてあるかわいらしい看板cute 

Dscn1308

Dscn1285

1783年~85年に建てられているそうです。

革命勃発の4年前まで造られていたのですねthink

当時ルソーの自然回帰の思想に影響された王侯貴族の

間では村を所有が流行。

アントワネットは造ってしまいましたsweat01

ここでもまた莫大な税金を使用。

農夫の指導による本格的な農地開拓。

採れた食材はヴェルサイユ宮殿の食卓に並んだそうです。

Dscn1299

冬野菜が実っていました

Dscn1298

Dscn1295

灯台風の建物「マルルボロー・釣殿」からは釣りも

楽しんでいたそうで、人工湖には魚がたくさんfish

Dscn1279

Dscn1304

鳩小屋

Dscn1303

わざわざ村里を造って・・・かなり贅沢な空間。

単なる自分の趣味で造ったといわれていますが、子供たちの

教育のためでもあったのかもしれませんね。

ちょっと買いかぶりbleah

Dscn1305

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

プチ・トリアノン庭園「愛の神殿」 白鳥

プチ・トリアノンから「愛の神殿」へ

アントワネットが逢瀬を重ねた場所です。

1777年建築

Dscn1265 雨降りrainの冬。

誰ひとり歩いて

いませんsweat02

良く言えば

貸切状態。

緑がきれいな季節の晴れた日に訪れたいものですthink

ちょうどいいところに白いものがnote

Dscn1266

愛の神殿から望むプチ・トリアノン

Dscn1273

白いものは白鳥

羽を休めておりましたhappy01

Dscn1275 無類の動物

好きheart

ガーコと勝手に

命名し、

声を掛けたりで

数十分観察eye

草の根をくちばしで上手に食べています。

このような場所でなんとも優雅な白鳥さん。

Dscn1271

すてきshine

Dscn1272

次に見に行ったものは

Dscn1320  taurus 牛

動物園ではなく、

ヴェルサイユ

ですlovely

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

修復作業が終わった「プチ・トリアノン」見学

いちばん楽しみにしていました。

ヴェルサイユのきれいになったプチ・トリアノンshine

ブルーエッフェルだとか、いちばんが何個もありますcoldsweats01

今回の修復では、アントワネットが使用していた当時の

寝室、家具、使用人の部屋、台所などを再現。

Petit Trianon 1768年完成

Dscn1210

入り口                  ステキな乳母車

Dscn1214

Dscn1215

Dscn1216 階段を上がり

2階へ進むと

《 控えの間 》

マリー・アントワネットの

肖像画といったらこれ!というくらいおなじみの

「薔薇を持つ王妃」

Dscn1218

ルブラン作ですが、元々はこの肖像画

Vlbmarose 「シュミーズドレスの王妃

(ガリア服を着た王妃)」。

パリの展覧会に出品したところ、シュミーズ

姿が下着のようで批判され、新たに豪華な

ドレスをまとった王妃に書き直し出品。

美の巨人たち、最近では迷宮美術館でも解説しておりました。

続きのお部屋lovely

camera フラッシュ禁止ですので、薄暗い写真ですみませんsweat02

《 大会食の間 》

Dscn1220

Dscn1222

《 音楽の間 》  

Dscn1225

note

Dscn1226

Dscn1227

《 寝室 》    かわいらしいheart04

Dscn1231

Dscn1229 ヨーロッパのお城

のベッドは本当に

小さい。

というか短いです。

昔訪れた

ロワールの古城

ガイドさんのお話では、

〈体を丸めて眠るのが正式だった〉

ニャンコcatみたいですね。

《 内殿 》

Dscn1233

お部屋のカーテンとおそろいのイスたち  ステキですheart

Dscn1234

Dscn1228

Dscn1232

これらのステキなイスに

座り、庭園を眺めて

暮らしたいものですconfident

初ヴェルサイユ時に

宮殿の売店で購入した

本を久しぶりに読むと、

「小トリアノンも大革命の時は

ヴェルサイユ宮殿、大トリアノンのように主な家具は全部

持ち去られた -中略-

1867年の展示会に際してここをルイ16世様式の家具で

飾ったのは、マリー・アントワネットを尊敬していたナポレオン

3世の妻だった。

ヴェルサイユ宮殿同様、18世紀の家具を戻す努力が

続けられている。」

なるほどconfident

《 台所 》

Dscn1254

Pc030128

オーディオルーム            いい雰囲気の通路

Dscn1249

Dscn1244

映画で見る衣装みたいですね 

Dscn1243

Dscn1255

食器類展示 とってもステキですshine

Dscn1260

アントワネットが使用していたセーヴル焼きなど

Dscn1250

Dscn1253

こういう所にも興味ありeye

Dscn1258

Dscn1259

Dscn1248 地下・・・

何に使われていたの

でしょうか。

食品保存庫かしら。

ビリヤード台

Dscn1245

たぶんトイレ

Dscn1236 アントワネットはステキな

トイレ椅子を使っていまし

たので、これは

使用人用でしょうか。

館内ガイドさん付きで回ったわけではありませんので、

分からないものだらけでしたsweat02

年間数百万人に上るヴェルサイユ宮殿への来場者の中で、

プチ・トリアノンを訪れるのはわずか数百人のみだそうです。

ここまで行くと時間が掛かってしまいますものねthink

私は朝一に行き、夕方4時近くまでいました。

迷ったのでcoldsweats01 

つづく

Dscn1219

《2008年

12月 パリ旅行》

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

I love Paris | ♪パリのプチホテル | ♪パリの地下 | ♪パリ・トイレ | ♪フランス シャルトル   プロヴァン | ♪フランス・モンサンミッシェル | ♪フランス情報いろいろ | ♪ヴェルサイユ | ♪南仏 コート・ダジュール&プロヴァンス | ♪南仏 レンタカー ポンデュガール&リュベロン地方  |  ♪モナコ |  ♪南仏 アヴィニョン アルル |  ♪南仏 エズ |  ♪南仏 カンヌ アンティーブ グラース ヴァンス サン・ポール・ド・ヴァンス |  ♪南仏 カーニュ |  ♪南仏 ニース |  ♪南仏 マルセイユ |  ♪南仏 マントン |  ♪南仏 リル・シュル・ラ・ソルグ |  ♪南仏 ヴィルフランシュ ボーリュー サンジャンカップフェラ カップダイユ ロクブリュヌ |  ♪南仏 最も美しい村 コアラーズ サンタニェス |   ♪南仏 ちょっとリヨン | お気に入りホテル♪ | オランダ旅行 2007 | セリーヌ | ニース | ハワイ | ハワイ~ホテル&コンド | パラオ グアム ロタ | マイル&JAL | ヨーロッパ旅行の思い出 | ラスベガス・サンディエゴ 2007.4、11月 | 北海道 | 愛犬リヨン | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 海外旅行でのハプニング&ご注意ください | 韓国ドラマ&韓国旅行