« 景福宮に懐かしいもの | トップページ | ソウル メガネ屋さん »

2010年6月23日 (水)

清渓川の「イ・サン」

都会の真ん中にお花cherry

Dscn2170

清渓川 チョンゲチョン

Dscn2174_2

moon3

Dscn2253 

ちょうどお祭り期間でしたので、提灯や灯籠が出て

おりました。

Dscn2249

 Dscn2251

ぶらぶら散歩をして、記念写真撮ったりcamera

Dscn2235

ホテルに戻り、

Dscn2624 昼間、北村の観光案内所で

いただいた冊子を見ていた

ところ・・・

清渓川特集eye

 shine正祖班次図shine

正祖といったらhappy02   イ・サンhappy02

Photo_2

あのタイルはイ・サンだったんだ!全然知りませんでしたsweat02

な~んだ、知っていたらもの凄くじっくり見たのに。

もう明朝帰るので、見に行けな~いcrying

Dscn2232

冊子によると

5120枚もの陶磁タイルで作られたこの絵は、1795年

朝鮮王朝22代王である正祖が、母の還暦を記念し、父の

墓のある華城へ向かう様子が描かれています。

1779名の人員と779頭の馬が護衛する大行列ですが、

描かれた当時の規則により、絵の中に正祖の姿は描かれ

ていません。

お~水原華城の行幸シーン、ドラマでもあったhappy02

そして、持っているイ・サンの本にも・・・

Dscn2620

載ってました。これがあれだったんだconfident

コネストにも載ってました~コネスト チョンゲチョン

Big_19324

 

きゃheart

Dscn2186

かっこいいlovely 

また見れたnotes

Dscn2190

どう考えても、私、時代劇にはまり過ぎですcoldsweats01

< 2010年5月13日 ソウル >

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ

|

« 景福宮に懐かしいもの | トップページ | ソウル メガネ屋さん »

韓国ドラマ&韓国旅行」カテゴリの記事

コメント

( ^ω^ )ボラさん こんにちは♪
チョンゲチョンじっくり見れていいなぁ。私なんて かなりの暑さと疲れで ものすごいヘロヘロ状態で歩いていたので とにかく休みたい一心でテキトーに眺めていたのです。もちろん降りてなんて行ってません。悔いが残るわ~。
昼と夜の二回は行くべきよね。

時代劇は面白いですよね☆

投稿: peco | 2010年6月23日 (水) 20時49分

清渓川の近くには行きましたが、ちゃんと観光してないので行きたいと思いました~♪
ボラさん、タイミングがいいですね~
灯籠が見れたり、衣装を着て行進している人達(は、なんて言うのかな?)が見れて~
イ・サンのタイル私も知らなかった^^;
これは惜しいことをしましたね~

投稿: seung heon | 2010年6月23日 (水) 21時52分

pecoさんへ

ブログ更新がないし、いつもこっそり行っちゃうので、heartパリと思ってました・・・また違ったみたいですねcoldsweats01 いつご出発なのかすごく気になっているんですけど~confident

冬は寒いし、暑い時もゆっくり散歩できないですよね(ρ_;)
今回はちょうどいい気候だったので良かったですclover
でもそんなにじっくりは見れませんでした。時間が足りな~いsweat02
お互い次回のソウルではじっくり見れるといいですねnote 

pecoさんもイ・サンファンですものねlovely
チマチョゴリくま♪pecoさんのところで見て、買ってきたのですよんheart04

投稿: ボラ | 2010年6月23日 (水) 23時56分

seung heonさんへ

ほんとにあのカッコイイlovely行進は何なのでしょうかね?
交代式とは違うのですよね?
徳寿宮から、きっと景福宮まで行くのですよね~ずっと付いて歩きたいですsmile
horse馬糞もあるのかな?!ヘンなことも気になります(笑)。

今度行けたら、イ・サンの輿が描かれているようなので探してみたいですeye
すごく時間掛かりそうですよねcoldsweats01
seung heonさん、秋に行った時に探して、場所教えてくださいsmile

投稿: ボラ | 2010年6月24日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410239/35424097

この記事へのトラックバック一覧です: 清渓川の「イ・サン」:

« 景福宮に懐かしいもの | トップページ | ソウル メガネ屋さん »