« ヴィルフランシュ・シュル・メール(2) | トップページ | ボーリュー・シュル・メール »

2010年5月 4日 (火)

クレソン

晴れsun

ここ数日暖かく、やっと春らしくなった北海道。

クレソン採りました♪

Dscn1034_2

近所にクレソンも自生good

クレソンは買ったらけっこう高いので、ありがたいです。

クレソン レシピrestaurant

札幌 うちの近所の桜

Dscn1018

う~んconfident 開花はまだちょっと先みたいです。

今年もツクシ がぶっdelicious

Dscn1047

人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ヴィルフランシュ・シュル・メール(2) | トップページ | ボーリュー・シュル・メール »

北海道」カテゴリの記事

コメント

クレソン買うと高い!
だけど、そんな高級な山菜?
何処で採れるか知りませんし、見ても
ただの草って思うんだろうな~sweat01
すり鉢の公園私も夕方、遊びに行きました。
今日は暖かくて、冷え性の私も裸足でgoodでした。

投稿: みるここ | 2010年5月 4日 (火) 21時12分

みるここさんへ

クレソンはここの奥で採りました♪
あと、東部にもありますよん。
食べてみると合ってるか分かりますsmile

先週からツクシ食べまくってま~すdog

投稿: ボラ | 2010年5月 4日 (火) 23時08分

春が近づいているんですね~cherryblossom

クレソンが自生しているなんてsign01
空気も綺麗だから安心して食べれそうですねhappy01

ツクシは苦くないのかな?

大阪は今日29℃になりそうです。

投稿: だんご | 2010年5月 5日 (水) 11時24分

あんにょん^^
どこですか~~?!
私は昨年、苗を買ってまだ生かしてはいるけれどなかなか収穫まで行きません。

クレソンはお水の綺麗なところにしか
自生しないんですよ~~
それがこの辺にあるとは(●ノ`・Д・)ノオォオォオォオォ・.゚+。・゜,。・.。*

ツクシも食べるの?
これは乾燥させたものをお茶にして飲むと
良いらしいですね。
父が心臓が良くないので昔は私の祖母の
作った?ツクシ茶煎じてましたよ^^

腰はどうですか~?

投稿: yuki | 2010年5月 5日 (水) 14時59分

だんごさんへ

29度happy02夏みたいですね~

明日から全国的に気温低くなるみたいですよね。気温差で風邪ひかないように気をつけないといけませんねthink

私はツクシ長らく食べていませんが、苦くなかったような記憶が(・∀・)

一昨日まで咲いてなかったツツジが咲き出したりで春らしいですtulip←チューリップはまだでした(^-^;

投稿: ボラ | 2010年5月 5日 (水) 23時30分

yukiさんへ

あんにょん(・∀・)

クレソン育てるの難しそうですね。でもハーブにもとてもお詳しいyukiさんならscissorsですよね♪収穫できたらブログに載せて下さいねwink

キムチ教会の近くですsmile

ツクシは心臓にも良いのですかflair
リヨンは生でばくばく食べてます。yukiさんdogちゃんは食べませんか?

腰ではなくて首で~す^^明日からまた引っ張りに行ってきます!
yukiさんもeyeと腰、どうぞお大事に☆

投稿: ボラ | 2010年5月 5日 (水) 23時45分

えええ~~lovely
クレソンが自生なんですか!関東ではありえない響きに羨望!
ホンットにステキな環境なんですね~happy01

我家では、「レモンヴァーベナ」がよく育って、ハーブティーを楽しむくらいが、
自然との共存かもしれないです!

投稿: micca | 2010年5月 9日 (日) 01時18分

miccaちゃんへ

へへへ~dog
普通の住宅街ですが、ちょっと行くと自然がいっぱいです♪
犬の散歩にも最高ですわん。

月曜にmiccaちゃんhouse付近airplane
上空からレモンヴァーベナ茂っているステキなお家lovely探してみま~す^^
見つけるの難しいと思うので、黄色いハンカチお願いしますwink

投稿: ボラ | 2010年5月 9日 (日) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410239/34517810

この記事へのトラックバック一覧です: クレソン:

« ヴィルフランシュ・シュル・メール(2) | トップページ | ボーリュー・シュル・メール »