« キムチバザー | トップページ | ニース 美しいマセナ広場 »

2009年11月12日 (木)

途中下車でニースへ&カルトイザベル

SNCFtrain  カーニュ・シュル・メール駅

Dscn7064

高速道路の下に駅舎

Dscn7291

観光案内所へ行くのにひどく迷いましたが、

帰りに見るとちゃんと駅前にもこちらupwardright標識が

あったのでした。マヌケすぎるsweat02

高架下

Dscn7294

カーニュ駅構内

窓口1か所       

こじんまりしておりますconfident

Dscn7297

売店はなく、

Dscn7296 飲み物、スナックの

自販機のみです。

Dscn7301

お向かいのホームへは、線路上も横断できるつくりに

なっておりました。

Dscn7926

写真を撮るのすっかり

忘れておりましたが、

←このような感じです。

※マントン駅写真

スーツケースなど

大きな荷物がある時も楽ですよねwink

宿泊先のマントンからカーニュまでの列車運賃は、

大人片道6.4ユーロ(約890円) 

往復で12.8ユーロですが、

窓口で渡された切符はこちら↓

Dscn7059

CARTE ISABELLE  カルト・イザベル

 大人 往復 12ユーロ

ちょっとだけお得good

このカルト・イザベルなるもの知らなかったのですが、

帰国後に調べてみますと  SNCF Carte Isabelle

コート・ダジュール夏限定6月1日から9月30日までの

ローカル列車TER乗り放題1日券みたいです。

往復で12ユーロ以上になる場合は、ご親切にこちらに

していただけるようです。

ちなみにSNCFのローカル列車は途中下車OKsign01

普通の切符でも目的地までの路線上にある駅では

途中下車できますwink

切符(乗車券)は刻印後24時間有効です。

Dscn7300

イヌネコのポスターが可愛らしかったのでcamera 

Cagnes sur mer ⇔ Nice ville   

カーニュ・シュル・メール駅からニース・ヴィル駅

14分と近い♪

ニースと付く駅は他にふたつ(Nice St Augustin、Nice Riquier)

あり。

Fiche Horaireフィシュ・オレール(無料時刻表)は

番ですeye

Photo

 

トーマスクックの時刻表では361番ですが、

中間の小さな駅は載っておりませんsweat02

ニース・ヴィル駅へ到着

Dscn7304

ニースの観光案内所は分かりやすいhappy01  駅のお隣

Dscn7312

ニース駅の観光案内所info02

Nice Tourist information offices

・夏 6月~9月

  月~土曜  8:00~20:00

  日曜     9:00~19:00

・冬 10月~5月

  月~土曜  8:00~19:00

  日曜    10:00~17:00

Dscn7313

都会のニース

観光案内所も私たちのような観光客で賑わっておりました。

Dscn0744地図などいただき、

ニースの町へrun

< 2009年6月12日 >

 

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

|

« キムチバザー | トップページ | ニース 美しいマセナ広場 »

 ♪南仏 ニース」カテゴリの記事

コメント

カルト・イザベル…初めて知りました。それにしても、
親切な駅員さんに当たってよかったですね。
ボラさんもご存知と思いますが、この手の類は
こちらから申し出ないと発行してくれないので。。。

ニースは僕も行ったことがありますよ。
でもその頃にはトラムはありませんでしたが・・・

投稿: B7機長 | 2009年11月12日 (木) 10時07分

B7機長さんへ

知りませんでした!親切な方だったのですねhappy01
払い戻しなどできないようですが、1日でいろいろ周る際はとてもお得なチケットみたいですね。

トラムは一昨年にできたのですよね。
ちょっとだけ乗りました。本当にちょっとです(笑)。

投稿: ボラ | 2009年11月12日 (木) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410239/32136999

この記事へのトラックバック一覧です: 途中下車でニースへ&カルトイザベル:

« キムチバザー | トップページ | ニース 美しいマセナ広場 »