« 東南アジア「トイレ」の使い方 | トップページ | 1年間どうもありがとうございました!さようなら »

2008年5月27日 (火)

パリの「ホテル・オデッサ」藤田嗣治

パリで最も有名な日本人画家と言ったら

藤田嗣治ですが、

1913年(大正2年)、初めてのパリで最初に宿泊した

ホテルが、『HOTEL ODESSA ホテル・オデッサ』。

8月6日~10月まで2か月間ほど滞在。

全然知りませんでした。

ふらつーを見ても、『オデッサ』は載っていますが、

フジタのことには触れていません。

けっこう貴重な情報sign02 きゃーheart

だから何?って感じですがcoldsweats01

誰々が宿泊したに惹かれ、ホテルを決めることもある

私にとっては重要。

さて、この情報の仕入先は

Foujita02 『レオナール・フジタ展』 

日本5会場を巡回。

北海道立近代美術館から

スタートです。

このフジタ展の特集で

新聞にフジタの記事が♪

『ホテル・オデッサ』の↓写真も掲載されていました。

Photo_2 このホテル絶対見たこと

がある!eye

確か写真にも写っていた

はず・・・

ありましたhappy01

Photo微妙です。

HOTELの看板

が写っていて

ホッ♪

間違いなく

『オデッサ』。

モンパルナスタワーも写っていない新聞写真でよく

分かったものだ!と自分で感激(笑)。

フジタが滞在したと知っていたらホテル全体写真を

撮ったのにsweat02

2つ星★★ 

28 rue d'Odessa

HOTEL ODESSA 日本語HP

ホテル・オデッサ こちらも日本語

プチ・ホテル・ド・パリ にも載っていました。

・立地は抜群

・バスルーム清潔そう

・客室はまあまあ・・・

・宿泊料金もまあまあ・・・

一応、次回のパリホテル候補に入れておくことにします。

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

|

« 東南アジア「トイレ」の使い方 | トップページ | 1年間どうもありがとうございました!さようなら »

I love Paris」カテゴリの記事

コメント

ボラさん、ご無沙汰しました。
こちらにコメントする時にこのネコちゃんが
邪魔をして書けない時があります♪(*´v`;)ゞ アセアセ♪クリックしても何故かカーソルが
止まらなくて断念。やっと書けました^^
旅行の情けない話し更新しました。
ばかな私です・・・涙

トイレのお話し面白いですね。
画像大きくして見ましたがおふろみたい~!
トイレって文化を感じますよね。
韓国も使用済みの紙?は大きなふたのないBOXに入れるし・・・・慣れないですよね。

変な天気で洗濯物を半分だけ外に干してみました~~

投稿: yuki | 2008年5月27日 (火) 11時55分

yukiさんへ
ソウル・・・ぎゃー大変でしたね。私がもっと詳しくブログに書いていたらと後悔しておりますcrying

ご意見ありがとうございます♪
こまちゃん、私も同じくcoldsweats01 とりま~す。

なんて寒いのでしょうか。10度もないのですよね。もう我慢できず、先ほどストーブ焚きました。

投稿: ボラ | 2008年5月27日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410239/21172772

この記事へのトラックバック一覧です: パリの「ホテル・オデッサ」藤田嗣治:

« 東南アジア「トイレ」の使い方 | トップページ | 1年間どうもありがとうございました!さようなら »