« ライラック&ベロタクシー&バウムクーヘン | トップページ | パリの「ホテル・オデッサ」藤田嗣治 »

2008年5月26日 (月)

東南アジア「トイレ」の使い方

トイレtoilet話で失礼します。

前回の『びっくり法律旅行社』・・・やっぱり見て良かった♪

Photo プーケットのトイレ

の法律

gasstationガソリンスタンド

に行けば絶対に

間違いないのですね。

でも、トイレだけ貸してもらってもいいのでしょうか。

変な写真sweat01  

Photo_2

Photo_3

壁に背中を向け、しゃがむのが正解なのだそうです。

この形だと間違って座ってしまいそうですdanger

タイルの小さなお風呂のようなもの。

ここから手桶で水をすくい、自分で流す。

はじめて見たのはバリ島でした。

Photo_5 ←どう見てもキレイとは言えない写真

なので、小さく載せました。

クリックで大きくなります。

なんか不思議ですよね~。

プーケットに限らず、便座のないトイレtoiletありますよね。

水洗で蓋はあるのに・・・

あれはどうやって用を足すのが正解なのでしょうか?

無理やり座るsign02

中腰でsign02

迷うところです。

どこの空港か忘れてしまいましたが、ホースが付いて

いるトイレもありました。周りは水浸し状態coldsweats02 

ウォシュレット用のホースsign02

日本と勝手がまったく違う外国のトイレ

よく分かりませんthink

プーケットのビックリは、

Photo_6 迷彩柄の服が禁止

タイ全土

今年2008年3月

30日に施行された

新しい法律だそう

です。

観光客でもダメ。

ツアーでは事前に注意事項として教えてくれるので

しょうかね。

人気blogランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

|

« ライラック&ベロタクシー&バウムクーヘン | トップページ | パリの「ホテル・オデッサ」藤田嗣治 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

バリ島旅行はバリ島観光.comにお任せ!

投稿: バリ島観光.com | 2009年5月18日 (月) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410239/21163982

この記事へのトラックバック一覧です: 東南アジア「トイレ」の使い方:

« ライラック&ベロタクシー&バウムクーヘン | トップページ | パリの「ホテル・オデッサ」藤田嗣治 »