« サン・ピエトロ寺院のクーポラ | トップページ | パリのカタコンブ »

2007年7月 5日 (木)

ローマの骸骨寺

各ガイドブックにも載っている結構有名な場所。骸骨寺。

私が骸骨寺の存在を知ったのは、学生時代に読んだ

塩野七生さんの「イタリアからの手紙」でした。

ローマを訪れて広大なサン・ピエトロ寺院の豪華さを嘆賞する

ことも大切だ。しかし、もし少しの余分な時間があったら、この

「記念すべき修道士たちの墓所」を一見することをお薦めする。

この墓所を見た人は、愛の宗教であるはずのキリスト教のもう

ひとつの顔を知るであろう。

イタリアからの手紙 Book イタリアからの手紙

著者:塩野 七生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

骸骨寺こと、

サンタ・マリア・インマコラータ・コンチェツィオーネ教会。

サンタ・マリア・デッラ・コンチェツィオーネ教会。

ガイドブックにより教会名がちょっと違います。イタリア語は

まったく分からないので違いは分かりませんが。

1626年に建てられた、カプチーノ修道会の教会。

5つの石窟があり、それぞれ異なった装飾になっていま

すが、修道士たち約4000体の人骨で装飾されています。

写真撮影は禁止ですので、絵葉書の写真です。

きれいな模様を作っているのは全て人骨であります。

Photo_172

Photo_173

塩野さんは骸骨寺編で下記のように締めくくっています。

キリスト教と深くつながり、ヨーロッパ人の専売のように思われ

てきた、いわゆるヒューマニズムというものがどんな程度のもの

かも理解できるはずである。

なんとなく理解できた気もしますが(笑)、単純に「よくこれ程の

ものを作りあげたものだ!」が感想です。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

|

« サン・ピエトロ寺院のクーポラ | トップページ | パリのカタコンブ »

ヨーロッパ旅行の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410239/7019833

この記事へのトラックバック一覧です: ローマの骸骨寺:

« サン・ピエトロ寺院のクーポラ | トップページ | パリのカタコンブ »